お役立ちコラム|千葉・八千代・習志野のリフォーム・リノベーションなら五稜建設

インスタグラム
お問い合わせ電話番号043-251-7370定休日:日祝、第1・3土曜

お役立ちコラム

コラム

平屋をリフォーム!費用や間取りのポイントは?

中古住宅で平屋を購入し、リフォームを検討する人もいるのではないでしょうか。
平屋は階段の昇り降りがない分、小さな子供や年配でも安心して暮らせるのが大きなメリットです。
しかし、平屋のリフォームで気になるのが、どこまで間取り変更できるかや、費用面ではないでしょうか。
そこで今回は、平屋のリフォームについて、費用や間取り変更などについて解説します。

平屋のリフォーム費用相場は?

平屋のリフォーム費用は、どこまで工事するのかで大きく変わります。
リフォーム別の相場費用を、次の表へまとめました。

リフォーム箇所

費用相場

一軒まるごとフルリフォーム

500万~2,000万円

壁紙

1,000円/m2

システムキッチン

50万~100万円

洗面台交換

10万~50万円

ユニットバスへ交換

100万~150万円

断熱リフォーム

4,000円~3万円/m2

耐震リフォーム

25万~300万円

外壁塗装・外壁張替え

20~350万円

屋根

50万~350万円

 

平屋の中古住宅を購入し、設備交換だけなら数百万円でリフォーム費用は抑えられます。
耐震改修や断熱リフォームなど、工事が大掛かりになると500万円近い費用が発生します。
平屋のリフォーム費用面については、バリアフリーや耐震改修など自治体の補助金や減税制度があるので、リフォーム会社に相談してみることをおすすめします。

平屋のリフォームで間取り変更はできる?

平屋の間取りはリフォームで変更できます。
家族の人数などによって住みにくい家や部屋など、住宅の悩みは尽きません。
築年数の古い家は、壁で細かく仕切られた部屋が多く、各部屋の採光が弱く暗くてジメジメした部屋が多いです。
平屋のリフォームは、柱だけを残したスケルトンリフォームという方法で、住宅の耐震強度を確かめながら間取り変更できます。
部分的に壁を取り除いて1部屋を広くしたり、水回りの位置を変えたりなど、できるだけ要望通りに近づけたリフォームができるので、どんな部屋を望んでいるのか考えておきましょう。
平屋の間取り変更をする場合、フルリフォームになってしまうため、費用が500万円以上かかってしまうことが多いです。

平屋のリフォームは二階建てを減築できる?

平屋のリフォームは、二階建ての住宅でもできます。
減築工事の費用は施工面積で計算され、1m2あたり10万~20万円が相場です。
家の状態にもよりますが、二階建てを平屋にする減築工事は450万~2,700万円程度、約7畳の二階の部屋を減築すると110万~380万円程度かかると想定されます。

二階建ての平屋をリフォームする場合、さまざまな間取りを考えられるのがメリットです。

・必要ない部屋をビルトインガレージにする
・建物の外観は変えず二階部分の床を抜いて吹き抜けにする

柱の劣化具合で減築や間取り変更は異なり、リフォームが必要な箇所が増えるごとに費用も高まります。

平屋のリフォームにロフトを設置するメリットとデメリット

土地の敷地面積の狭い平屋をリフォームする場合、二階建て住宅よりも部屋数や収納スペースが少なくなってしまいます。
しかし、平屋のリフォームでロフトを設置すると、収納スペースを確保できます。
屋根と天井の空間を利用したリフォーム方法ですが、メリットとデメリットがあるのでロフトを検討する前に確認しておきましょう。

ロフトのメリット

法律上、ロフトは居住スペースに分類されず、床から天井までの高さ1.4mとしなくてはいけません。
1.4m以上の高さにすると、居住スペースとなり平屋ではなく二階建て住宅として申請が必要です。
天井までの高さは低いとはいえ、ロフトスペースは平屋だと広い床面積で造れるため、ちょっとした小部屋ができます。
収納スペースとしてはもちろん、書斎や子供の遊び場など隠れ家的な空間を楽しめます。

ロフトのデメリット

平屋にロフトを造るリフォームする最大のデメリットは、暑さです。
熱は下から上へと昇るため、夏の暑い時期はサウナ化します。
ロフトは子供たちの遊び場や書斎に利用するケースが多いのですが、ロフトに登った瞬間、暑さと息苦しさで長時間居ることは難しいでしょう。
また、外気温の高い日にロフトで過ごすと、熱中症の心配もあります。
ロフト部分は冬でも暖房がいらないほど温かさを感じますが、夏は収納スペース以外の活用は難しいといえます。
ロフトの暑さ対策は、天窓を付けることで解消できるので、季節問わず涼しい空間づくりの工夫が必要です。
また、天井までの高さが1.4mしかないため、大人が立って歩くことはとても大変です。
奥行きのあるロフトなどは奥まで入って行くのが困難なので、せっかく設置してもあまり利用しないというケースも多いです。

まとめ|平屋のリフォームで暮らしに合った空間づくりを

平屋のリフォームは、リビングの続き間の和室をリフォームして広いLDKにしたり、二階建てを平屋にリフォームして1階に増築したりと、さまざまな間取りを設計できます。
平屋をリフォームすることで、これまでより暮らしやすく快適なマイホームを手に入れることも可能です。
平屋のリフォームは、一軒丸ごとや部分的な設備交換、外壁の張替えなどで費用が変わります。
二階建てと違って大空間の平屋は寒さ対策なども必要なので、リフォーム会社にアドバイスしてもらい、快適に暮らせる間取りを相談すると失敗しません。

関連記事

このページのトップに戻る