お役立ちコラム|千葉・八千代・習志野のリフォーム・リノベーションなら五稜建設

インスタグラム
お問い合わせ電話番号043-251-7370定休日:日祝、第1・3土曜

お役立ちコラム

コラム

中古マンションリフォームの費用はいくら?失敗しないための注意点

低コストでマイホームを入手するために、中古マンションのリフォームが注目されています。
予算内で自分好みの家にリフォームをすることで、新築以上の満足感があるのは大きなメリットです。
今回は、中古マンションをリフォームする金額相場やローンの利用、リフォーム前に知ってほしい注意点などについて紹介します。

 

中古マンションリフォームの金額相場はどれくらい?

中古マンションのリフォームにかかる費用は、箇所や設備・部屋の広さなどによって異なります。

リフォーム箇所や設備交換などの金額相場は、次の表でご確認ください。

リフォーム箇所

金額相場

内訳

キッチン

約35万円~

プロペラ型換気扇、ガスコンロ、開き戸収納のシステムキッチン

お風呂

約55万円~

稼働シャワー、ホーロー浴槽、乾きやすい床、収納付きカウンター、ホーロー壁

トイレ

約15万円~

節水タンク、ウォシュレット、トルネード洗浄タイプの便器

洗面台

約12万円~

三面鏡、人工大理石の洗面所、シャワー切り替えタイプの水栓、全面引き出し収納

クロス

約3万6千円~

※m/1,200円

・耐火・防カビ性、無地柄のクロス

・6畳の部屋一面(クロス必要量:約30m)

約10万円~

※m/1万円

・無垢材

・6畳の床一面(床材必要量:約10平方m)

ハウスクリーニング

約7万円~

 

・クロスや窓のサッシなどの掃除

・面積70平方m

 

中古マンションは築年数によってリフォームする箇所が増えます。
一部だけキレイにすると、次々にリフォームしたい箇所が増えてしまうので、金額相場に合わせて計画するのがポイントです。

中古マンションリフォームはローンが組める?

金融機関の多くで、リフォームローンを用意しています。
中古マンションのリフォーム費用見積もりしたところ、思った以上の金額に驚く人が多いです。
例えば、床を張り替える場合、新しい床材の材料費だけではなく、古い床材を剥がし廃棄する処分料も発生します。
床の材質によって費用も変わるので、さまざまな床材と費用を比較すると失敗しません。

また、中古マンションをリフォームする前に、金融機関でローンの事前審査を受けると安心です。
リフォーム会社と話が進んでいるのに、ローンの審査に通らなければ意味がありません。
不動産会社を通してリフォームする場合は、担当者に相談するのもおすすめです。

中古マンションをリフォームするタイミングは?

中古マンションをリフォームするタイミングは、物件の売買契約が終わってからです。
もしかすると購入予定の中古マンション、売主や買主の問題から売買契約が成立しない可能性があります。
売買契約が済む前にリフォーム計画をするのはいいですが、リフォームする契約や実行はしないようにしましょう。
リフォーム会社と契約し途中解約すると、違約金などの発生もあるので気をつけてください。

中古マンションのリフォーム期間は長い?

中古マンションのリフォーム期間は、リフォームする箇所によって異なります。
壁のクロスを張り替えるなら6畳で約3~5日、トイレの交換は約2日が目安です。
キッチンやお風呂のリフォームは一式設備を交換するケースが多いため、撤去費用など含めて約1週間~2週間の時間を目安にするといいでしょう。
中古マンションを購入してからリフォーム計画するのが一般的ですが、できれば入居する前までにキレイな状態にするのが理想的です。
リフォーム会社によって混雑時期もありますし、材料を注文する必要がある場合もあるので、どれくらい期間が必要か確認することも大切です。

中古マンションをリフォームする注意点

中古マンションのリフォームの金額相場は、築20年で約260万円程度と言われています。
キッチンやトイレの交換、ハウスクリーニング、クロスの張替えなど、キレイにしたい箇所もたくさんあることでしょう。
リフォームにはまとまったお金が必要なので、まずはリフォームローンの審査に通るかが重要です。
購入した物件の担保価値が低いと、予定するリフォーム費用を借りられない可能性があります。
また、中古マンションの構造や電気設備の関係で、希望通りにリフォームできない場合があります。
リフォームの専門家の意見と、こちらの希望が一致しないケースも多いので、まずはリフォーム会社に相談して工事が可能か判断してもらいましょう。

まとめ|中古マンションリフォームをどこまでするか決めよう

中古マンションのリフォームは、部分的な設備交換だけでも数十万の費用が必要です。
物件を購入する際に住宅ローンを組むケースが多く、リフォーム費用も金融機関から借りるとなれば、審査が通らない可能性もあります。
リフォームする箇所に優先順位を付けて、希望通りにできるか信頼できるリフォーム会社に確認を取りましょう。
リフォーム会社によって金額相場が異なるので、いくつか相談して納得できる会社を見つけるのもポイントです。

関連記事

このページのトップに戻る