お役立ちコラム|千葉・八千代・習志野のリフォーム・リノベーションなら五稜建設

インスタグラム
お問い合わせ電話番号043-251-7370定休日:日祝、第1・3土曜

お役立ちコラム

コラム

中古マンション物件で、スケルトンリフォームのススメ!

ニューノーマル時代。近年、人気が高まっているのが中古マンション中古物件スケルトンリフォーム

フルリノベーションとも呼ばれ、柱や梁、基礎の部分など動かすことのできない構造体を除いて、

すべてを新築と同じように一新し、理想の空間にカスタマイズすることができます。

スケルトンリフォームで、内装を全て解体して骨組みにし、いわゆるスケルトンにしてから、

間取り変更で部屋数を増やしたり、複数の部屋を広々と開放的な1つのお部屋に作り上げたりできます。

バリアフリーへ改修もできますし、キッチンなどの水回り位置を変えることもできます。

天井や床下などの給排水管や配線まで交換できるのが大きなポイントになります。

但し、構造上の問題であるとか、どこまでが所有している部分なのかによって、

マンションと戸建のスケルトンリフォームでは、リフォームできる範囲に違いがありますので、

十分な確認と注意が必要になります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スケルトンって何?

スケルトンとは、骨組み骨格のことを指しています。

建物の場合では、解体で、動かすことが出来ない柱や梁、床や壁などの構造体・骨組みだけを残した

コンクリートの箱のようなイメージです。

柱や梁、床、壁などの構造体がむきだしで、内装などが何もない状態のことを言います。

スケルトンリフォームとは?

スケルトンリフォームとは、柱や梁、はり、床、壁などの構造体を除いた他の部分を全て解体し、

骨組みだけの状態にしてから、間取りから作り直したり、新しいものと取り替えたりする、

大規模なリフォーム工事のことです。

フルリフォームフルリノベーション全面リフォームと言われることもあります。

スケルトンリフォームは近年、人気の高いリフォーム工事になります。

通常のリフォームやリノベーションとの違いは?

リフォームは劣化や壊れたものを元の状態に戻す原状回復であり、

通常の部分的なリフォームやリノベーションであれば、必ずしもスケルトン状態にする必要がないのに対し、

スケルトンリフォームは、骨組みだけを残して内装や設備を丸ごと設計して、工事をする手法になります

マンションをスケルトンリフォームするメリット

住戸の内側全てを、新築のように作り替えることができる 

柱や梁、基礎などの構造体・骨組みだけを残したスケルトン状態から、

全体を新しく一から作り替える事が可能になります。

自由に間取りが決められる

家族構成に合わせて間取りを増やしたり、逆に間取りを減らして広いLDKにしたり、

暮らしに合ったサイズに間取り変更が可能です。キッチンスペースを広くとることもできますね。

ライフスタイルや理想に合わせて、新しい空間が作り出せる

趣味の収納部屋を作ったり、シューズウォークインクローゼットやディスプレイ収納を作ることもできます。

不足しがちな収納スペースを確保して、充実させることが可能です。

また、北欧風スタイルやアメリカンスタイル、カフェスタイルなど、お好みのデザインや理想のデザインを取り入れ、

内装を全て一新することで、全体を理想の雰囲気に統一感を出すなど、

新しい空間を作り出し、生まれ変わらせることができます。

テレワークの普及やお子様の自宅学習により、在宅での生活が増えている方は、

家族みんなで共有できるワークスペースを作りたいという要望も高いニーズがあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最新の設備を導入して、家事がラクに

キッチンや浴室、トイレなど水回りは新しい設備に入れ替えるだけで使い勝手がとっても良くなり、快適な空間に生まれかわります。

最新設備の方がお手入れもラクで、掃除がしやすいので便利です。

バリアフリーの空間を作り出すことができる

スケルトンリフォームで、構造体以外の間仕切りや床材などを解体し、間取りや床材を変更することができるので、

床の段差を無くしてフルフラットにすることができます。

廊下やお部屋の出入口などの間口を広くするなど、未来を見据え、シルバーライフに備えたバリアフリーの住まいを作り出す事が可能です。

リフォームと同時に、機能性を向上させることできる

スケルトン状態にすると、カビや劣化、腐食している箇所が分かりやすくなり、修繕しやすくなります。

壁材を見直して対策もとりやすくなり、気密性・断熱性アップの為に、断熱材の追加や交換もしやすいです。

床や壁などを対策することで、遮音性・防音性をアップすることもできます。

スケルトンリフォームなら、リフォームと同時に、機能性のアップも期待できます。

見えない配管や配線を新しくして、安全性を向上できる

普段は見ることのない給排水管や電気配線の部分も、むき出し状態のスケルトンにすることで、

新しい配管や配線に交換することが可能になります。

スケルトンリフォームと同時に一新すれば、後からわざわざ劣化した給排水管や電気配線の為に、

再度、壁や床を壊したりする必要がなくなりますね。

経年劣化による水漏れやショート、停電、火災の心配がなくなれば安全性の向上につながります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自分の目で確認できると、空間イメージがしやすい

中古マンションの室内から、周囲の音や室内から望む景色を確認したり、実際にお住まいになっている方に

話を聞いたり、現状を把握することが可能です。

また、スケルトン空間なら、各間取りの大まかな広さを確認でき、オシャレな室内窓を付けたい、

こんな所に作り付けの収納スペースがあったら便利だな…とか、小上がりが欲しい、

カウンターのワークスペースを設けたいなど、

空間にどんなものを作りたいか、アイデアをイメージしやすくなります。

実際に見て確認しながら打ち合わせをする方がイメージしやすく、施工する相手にも言葉だけで伝えるより希望の設計プランが伝わりやすくなります。

スケルトンリフォームのデメリット

工期と費用がかかる

スケルトンリフォームは構造体・骨組み以外は全て新しく新築同様に一新させるリフォームなので、

どうしても工期が長くかかってしまい、コストも高額になりがちです。

仮住まいが必要

スケルトンリフォーム中は、工期が長くかかる為、住みながらの工事が難しくなります。

そのため、仮住まいを用意し、一時的な引っ越しが必要になります。

マンションでは、スケルトンリフォームができない場合があります。

専有部分と共用部分の確認でトラブル防止

マンションは、専有部分共用部分に分かれています。

オーナー様の所有物となっている住戸の内側部分は専有部となっています。

例えば、お部屋の扉を交換したり、クロスを張り替えたり、フローリングの張り替えをしたりなどは、

個人の自由に使える部分なので、リフォームをすることが可能です。

対して、専有部分以外は全て共用部分となります。

まぎらわしいのが、例えば住戸と隣接するバルコニー、ベランダ、玄関扉の外側、サッシ、窓ガラスなど。

共有部分はマンション所有者全員の財産ですので、個人が自由に使う事はできません

マンションの構造上、制限があることも考えられますので、リフォームやリノベーションをする際には、

事前にマンションの管理会社への確認を忘れずに行っておくと、安心です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

構造によって、制限がある

マンションの構造によっては、撤去できない壁があったり、水回り設備の配置などの制限もあります。

管理会社へしっかりとした十分な確認が必要です。

中古物件や中古マンションを探す際には、耐震基準に注意!

1981年6月から、新耐震基準に改定されました。

新耐震基準では、500年に1度の大きな地震で、強度が「倒壊しない程度」というのが基準となっています。

1981年6月以前に建築確認の申請を受けた建物は、旧耐震基準で建てられています。

旧耐震基準では、だいたい50年に1度の中程度の地震で強度が「倒壊しない程度」というのが基準となっています。

耐震基準というのは、過去の震災や大きな地震を元に改正されてきたことを考えると

やはり、見えない構造部分だからこそ、新しい耐震基準で建てられた建物やマンションの方が、安心感がありますよね。

マンションの場合は特に、耐震の際の補修や補強には管理組合等、住民の同意が必要となりますので、個人の自由で工事をすることができません。

耐震基準を理解した上で、少しでも安心で安全な中古物件や中古マンションをお探しになることがオススメです。

まとめ

新型コロナウィルスの影響で、お家時間が増え、テレワークの普及が進んだことで、住まいや暮らしの環境を

改めて見つめ直し、今まで以上に日常の暮らしを快適で豊かにしたいというニーズが増えてきました。

通勤をせず、テレワークが進み、駅チカや都心部に住まいを持ちたい!という方ばかりではなくなってきているようです。物件探しの選択肢をぐんと広げて、リフォームやリノベーションを前提に条件の合う中古マンションや中古物件を購入し、スケルトンリフォームやフルリノベーションで希望や理想に合わせ作り替えれば、オーダーメイドな空間を手に入れる事ができます。

スケルトンリフォームなら、テレワーク対応のワークスペースや整理整頓がしやすい収納スペースなどの新たな空間を生み出し、趣味の収納部屋やこだわりの素材をたくさん取り入れて、好きなものに囲まれたお家時間が幸せな空間になることでしょう。

また、ニューノーマル時代に安心して暮らしを楽しむ為の工夫やアイデアで、家族がゆっくりと過ごせる広いリビングや、テレワーク中も家族の雰囲気を感じられる空間であるとか、毎日の家事が少しでも快適で楽しくなるよう最新設備の導入もできます。

たっぷり収納できる収納棚を作るなど、暮らし方に合わせて実現が可能です。自由な発想で、ライフスタイルを表現していく方も増えていくことでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

中古マンションをスケルトンリフォームする際のメリットやデメリットを知っておくことや、マンションの専有部分や共有部分の確認をし、どこまでがリフォームできる範囲なのか理解した上で検討されることはとても大切です。

内装、間取り、建具、水回り設備、配管や配線などを一新して、使い勝手がよい新築のような住まいや

ニューノーマル時代のライフスタイルに合わせて、

テレワークをするのに自宅環境を整えたい、メリハリを付ける仕事に適したテレワークスペースを確保したい、在宅勤務に対応した住まいにしたい、防音にしたい、間式仕切りを付けたいなど

将来を見据えた暮らしやすい豊かな住まいの実現には、自由度が高いスケルトンリフォームがオススメです。

希望に合わせて空間を自由にカスタマイズできる、アナタらしい暮らしを実現してみてはいかがでしょうか。

 

五稜建設では、コロナ対応を対象としたリフォームも対応可能です。

リフォーム、リノベーションのサービスはこちら

 

関連記事

  • 化粧シートとは?装飾でラグジュアリーな空間に変身!特徴や壁紙との違い化粧シートとは?装飾でラグジュアリーな空間に変身!特徴や壁紙との違い 住まいの壁面、ドアや扉などの建具や多くの店舗、商業施設、オフィスやエグゼクティブホテルなどのエントランスやエレベーターなど、 様々な所の装飾に使われている「化粧シート」をご存知ですか? 大掛かりな工事をせず、シールのように化粧シートを貼るだけで、くつろぎの空間をハイセンスに […]
  • 介護リフォーム(団地・マンション・戸建て)にする利点とは?介護リフォーム(団地・マンション・戸建て)にする利点とは? 手すりがなく移動に不自由を伴う個所や、膝の痛みなどで段差の昇降がしづらい個所など、住宅の中で日常生活上支障となっている箇所はありませんか?? 本格的に自宅をバリアフリー化 ・いまの身体機能を維持・改善し、生活の質を高める ・日々の活動を増やしていくことによって、心身ともに […]
  • シロアリの予防と対策シロアリの予防と対策 春~夏に見た羽アリは、家を食べているシロアリかもしれません!! シロアリの生息地であれば、シロアリ被害はどこででも起こる可能性があります 早期発見が重要です!! シロアリのお気に入りの場所 ◆日当たりの悪いところ ◆暖かいところ ◆湿気が多いところ ◆水をよく使う […]
  • 分煙対策はお済みですか?喫煙ルーム・喫煙ブース・専用喫煙室の設置をしませんか?分煙対策はお済みですか?喫煙ルーム・喫煙ブース・専用喫煙室の設置をしませんか? 喫煙者にとって一服するひと時。一方で、望まない受動喫煙で困っている方もおられるでしょう。 受動喫煙の防止を目的として法改正が行われ、分煙はマナーから「守るべきルール」へと取組みが変わりました。 ぜひ、分煙対策の為の喫煙室設置を一緒にお手伝いさせていただけませんか? 平成3 […]
  • 室内ドアのリフォーム費用や種類別の特徴を徹底比較!室内ドアのリフォーム費用や種類別の特徴を徹底比較! 室内ドアをリフォームすることによって、今までより使いやすくなったり部屋が明るくなったりなど、たくさんのメリットが得られます。 しかし、気になるのがリフォーム費用ではないでしょうか。 室内ドアには、遮音性や遮断性など機能性に優れたタイプや、木目調などデザインを重視したタイプな […]
  • アクセントクロスで、空間やお部屋にパッと目を引くアクセント!アクセントクロスで、空間やお部屋にパッと目を引くアクセント! お部屋や空間の雰囲気や印象をガラリと変えられ、ワンランク上の仕上がりに変身させることができるのが「アクセントクロス」です。 しかも、たったの壁一枚や、お部屋の一部分だけを色や柄の違うクロスに変えるだけ。 温かい印象のお部屋にしたり、リラックスできる雰囲気に仕上げたり、 オ […]
このページのトップに戻る