外壁塗装のタイミングは?再塗装が必要な劣化のサイン・チェックポイントを徹底解説!|千葉・船橋・習志野のリフォーム・リノベーションなら五稜建設

五稜建設のインスタグラム
お問い合わせ電話番号043-251-7370定休日:日祝、第1・3土曜

お役立ちコラム

コラム

外壁塗装のタイミングは?再塗装が必要な劣化のサイン・チェックポイントを徹底解説!

外壁塗装には建物の美観維持のためだけではなく、紫外線や雨水から建物の保護のためにも必要です。今回の記事では外壁塗装のタイミングや、劣化サイン、セルフチェックポイントなどを紹介します。「外壁塗装はいつ頃行うべきなの?」「どんな症状があれば再塗装が必要なの?」このような疑問をお持ちの方は、参考にしてみてください。

 

 

外壁塗装が劣化する原因は?

まず最初に、外壁塗装がなぜ劣化してしまう(=再塗装が必要になる)のか、劣化の原因について紹介します。

外的要因や、経年劣化など様々な原因があげられます。

 

雨風が原因の場合

雨や風が吹き付けることによって、外壁の表面は劣化していきます。

直接雨風が吹き付けることはもちろん、雨や風が運んでくるホコリや汚れも外壁を傷付ける要因の一つです。

 

紫外線が原因の場合

紫外線の影響によって、塗料の表面の塗膜が劣化して色あせなどが起こることがあります。

北側より南側の外壁の劣化が激しい場合には、紫外線の影響と推測することが可能です。

 

経年劣化が原因の場合

経年劣化によって、外壁に使われている塗料が劣化して外壁全体が弱くなると、建物の倒壊を招く恐れもあります。

 

外壁塗装はどのタイミングで必要なの?

外壁に使用されている塗料の種類によっても異なりますが、一般的には外壁塗装の塗り替えは前回の塗装から10年経った頃が目安です。

10年という数字は、劣化を補修するタイミングとしてとてもよい時期です。

定期的に外壁を塗り替えることによって、家の美観を維持でき、家の耐久年数が延びるため、住宅の資産価値も高まります。

 

ただ、外壁に劣化症状が見られた場合は10年未満(塗料の耐用年数未満)でも再塗装が必要です。

劣化があると雨水が建物に侵入しやすくなり、建物内部が傷みやすくなるので、早めに塗装工事を検討しましょう。

 

外壁の劣化症状

それではどのような症状が外壁塗装の劣化のサインなのか紹介します。

下記のような劣化症状がある場合は、早めに塗装業者にご相談ください。

 

チョーキング現象

外壁の表面を手で擦ったときに、手に白い粉のようなものが付着する現象です。

外壁に塗装してある、塗料の防水効果がなくなると起こります。

 

クラック

外壁材のひび割れ(クラック)は、建物に振動がかかった場合や動きが生じた場合の圧力が原因です。

見た目も悪く、強度的にも不安があります。

 

ヘアクラック

毛髪のような細く短いクラックがヘアクラックです。

主に外壁塗料の塗膜に発生します。

 

構造クラック

建物の構造的な欠陥や地震や地盤沈下などから発生するクラックを〝構造クラック〟と言います。

構造クラックを放置すると、基礎の強度が低下して建物を支えられない可能性が出るため、早めの対処が必要です。

 

シーリングの剥がれ

シーリングとは、窓やサッシの継ぎ目にあるゴム状のもののことを言います。

建物の経年劣化とともに、この部分に割れや剥がれといった症状が見られるようになります。

 

塗膜の膨れ・剥がれ

外壁の塗料が浮いてきて、パリパリと剥がしたことはありませんか?

また、部分的に塗料が剥げてしまってはいないでしょうか。

これも太陽の光や、雨風が原因で劣化してしまっているサインで、放置してしまうと、ひび割れや内部への浸水の原因となります。

 

外壁塗装の色あせ

既存の色あせは、経年劣化や紫外線の影響などによって起こります

色あせの対処法で一番有効的なのは、再塗装です

塗装表面に艶がなくなるので、汚く見えてしまい、汚れも付きやすくなります

 

カビの発生

外壁に付着したコケを放っておくと、カビになります

 

外壁塗装の劣化セルフチェック項目
  • ひび割れがある
  • 塗装が剥がれている
  • 外壁に汚れが付着している
  • 外壁が色あせている
  • 塗装がふくれている箇所がある
  • カビが発生している
  • サビがある
  • 腐食している箇所がある

 

上記の項目に当てはまる場合は、塗り替えのサインです!

放置しておくと、劣化や痛みがどんどんひどくなっていきます。

築8年、または前回の塗装工事から8年経ったあたりから、月に一度は家の外壁をひと周りしてチェックしてみてください。

 

外壁塗装のタイミングで、屋根塗装もご検討ください。

塗装工事では足場をつけるので、外壁だけではなく、屋根も一緒に塗装するのがおすすめです。

同じタイミングで行えば足場の設置代や解体代も1度で済むので節約にもなります。

 

まとめ

家は建てられたときから劣化が始まり、ホコリや雨風、紫外線などによるダメージを毎日毎日受け続けています。

定期的に塗装工事を行うことで、家を支える木材にかかる負担を軽減出来るだけではなく、まるで新築のような外観の家を得ることが出来ます。

 

五稜建設はリフォーム・リノベーションをメインに幅広く対応しています。

外壁塗装・屋根塗装にお悩みの方はお気軽にご相談ください。

 

五稜建設の外壁塗装の詳細をご覧になりたい方はこちらを👆クリック👆

 

無料リフォーム相談・お見積り依頼はこちらをクリック

 

関連記事

  • 工場や倉庫内のトイレをリフォームし、働きやすい職場環境に改善!工場や倉庫内のトイレをリフォームし、働きやすい職場環境に改善! 工場や倉庫のトイレ、使いづらさや臭いや汚れが気になっていませんか? 従業員から改善して欲しいと要望が多く出ていたら…トイレのリフォームをおすすめします。 キレイで使いやすく快適なトイレ空間に改善することで、混雑の解消や従業員のモチベーションアップ、生産性アップに繋げることが […]
  • 庭を潰して増築リフォーム!もっと豊かなライフスタイルに…庭を潰して増築リフォーム!もっと豊かなライフスタイルに… 家族の成長やライフスタイルの変化によって家をリフォームする場合、いろいろな方法があります。 今回、方法のひとつとして、『庭を潰して増築するリフォーム』をご紹介します。   うまく活用できていないお庭を潰して増築し、 居住スペースやエクステリアとしてライフスタイ […]
  • 床のリフォーム方法は?素材・費用・DIYについて解説します床のリフォーム方法は?素材・費用・DIYについて解説します 床のリフォームをしたいけど、張り替え方法やフローリングの床材の種類はどのようなものがあるのか疑問に思っている方や、費用面やDIYができるかどうかお悩みの方もいるのではないでしょうか? […]
  • 洗面台・手洗い場を増設したい方へ!おすすめの設置場所やセカンド洗面のメリットを徹底解説洗面台・手洗い場を増設したい方へ!おすすめの設置場所やセカンド洗面のメリットを徹底解説 新型コロナウイルスの感染予防対策に有効な手洗い・うがい習慣のアイテムとして、 手洗いや洗面台はお住まいに1箇所という考え方から、今ある洗面台以外に、 セカンド手洗い場・洗面を後付け設置するプチリフォームの需要が高まっています。 また生活スタイルや動線に合わせて洗面台を増設 […]
  • 迷っている方は必見!「リフォーム」と「建て替え」の違いとは?迷っている方は必見!「リフォーム」と「建て替え」の違いとは? 築年数が経過したお住まいにこれからも住もうとする時、 築年数が古い中古住宅の購入や譲り受けた時、大規模な改修工事が必要と考えて 「リフォーム」と「建て替え」どちらを選んだら良いかと悩む方が多いのではないでしょうか。   「リフォーム」と「建て替え」の違いを比較 […]
  • 人気の北欧風リフォーム、北欧風リノベーションの魅力をご紹介♪人気の北欧風リフォーム、北欧風リノベーションの魅力をご紹介♪ 人気が高い北欧風リフォーム、リノベーション! 中古マンションや団地、中古の戸建、店舗など・・・ 中古物件を買って、リフォームやリノベーションをする人が増えています。 中でも、シンプル&ナチュラルな北欧風のリフォーム、リノベーションはとっても人気のデザインです♪ お住まい […]
このページのトップに戻る