お役立ちコラム|千葉・船橋・習志野のリフォーム・リノベーションなら五稜建設

インスタグラム
お問い合わせ電話番号043-251-7370定休日:日祝、第1・3土曜

お役立ちコラム

コラム

美しく快適な暮らしをキッチンから!リフォームの種類、タイプやレイアウトについて

快適なキッチンに交換し、インテリアの一部として魅力を高め、流れるようにスムーズなキッチンにリフォームしてみませんか?

新型コロナウイルスの影響からステイホームが増えたことで、

お家でお料理をし、下準備に時間をかけることや外食のような非日常体験でゆっくり食事を楽しむこと、

お友達を呼んで一緒に食事をする機会が増えたことなど、多く聞かれるようになりました。

毎日使うキッチンだからこそ!使いづらさや不便さを我慢せず、

ライフスタイルに合わせ、使いやすく、動きやすさにとことんこだわると、

お料理がさらに楽しく、快適で使いやすくなります。

風水では、キッチンというのは金運を司る場所と言われています。

「古い団地に住んでいるし」「とりあえず、使えればいいかな」と諦めず、

たとえ古く築年数が経った団地や戸建であっても、キッチンをリフォームする事でお家のキッチンが、

思わず時間を忘れてしまうような、ワクワクするキッチンに生まれ変わります。

毎日使う奥様が使いやすく、ふと気づくと家族みんなが自然と集まってくるような明るく賑やかなキッチンを目指してみてはいかがでしょうか?

キッチンのタイプレイアウトキッチン形状の違いについて、解説していますので、

キッチンリフォームの参考にしてくださいね。

 

キッチンのタイプ

キッチンのタイプには、「壁付けキッチン」と「対面キッチン」があります。

壁付けキッチン

壁付けキッチンは、正面が壁に接しているレイアウトのキッチンで、背面キッチンともいい、

日本の台所においては、昔からとても一般的なレイアウトになります。

正面が壁に接している為、デッドスペースができにくく、部屋のスペースを無駄なく活用できます。

プライベートのような空間で、集中して効率的にお料理ができます。

対面キッチン

対面キッチンは、ダイニングやリビング側を向いて、作業しながら見渡せるレイアウトのキッチンです。

洗い物などの作業や、テレビを見ながらでもお料理が楽しめるオープンキッチンです。

キッチンで作業しながら小さなお子様の様子が確認できますし、リビングに居るお友達やお客様の会話など、

コミュニケーションを楽しむことができるので、大変人気があり、リフォームされています。

キッチンレイアウトの種類

オープンキッチン

リビングやダイニング空間と併設され、キッチンからリビングやダイニングを見渡せる解放感があり、

キッチンが主役」になるキッチンです!

お部屋空間とキッチンに遮るものがないので、常にキッチンをオープンに見せるタイプのキッチンです。

作業や調理中でもコミュニケーションが取りやすく、キッチン周りが動きやすいので

料理がすぐに出せて、後片付けもラクラクです。

ただ、調理中の臭いや煙がお部屋に広がり、シンクやカウンター回りの汚れや散らかりが丸見えになって

しまうので、見た目を気にして、キレイに保っておく配慮が必要です。

セミオープンキッチン

リビングやダイニング空間と併設され、オープンキッチン程ではありませんが、キッチン側からリビングや

ダイニングが見渡せる解放感はあります。

反対にリビングやダイニング側から見ると、キッチン内部が見えにくくなっている半独立タイプのキッチンです。

キッチン内部や調理している様子が見えにくい事で、お友達やお客様が居てもキッチンの散らかりや汚れなど、あまり気にせず、お料理に集中できやすくなります。

クローズドキッチン(独立)

「隣のお部屋やリビング、ダイニングのスペース」と「キッチンスペース」が完全に仕切られて

独立したお部屋タイプのキッチンです。

調理中の臭いや煙がお部屋中に広がらず、キッチン内で収まります。

キッチン自体が見えないようになっているので、シンクやカウンター、キッチン回りの汚れや散らかりなどの

見た目を気にすることなく、お料理に集中できます。

キッチン形状の種類

I型

シンクとコンロを一直線に並べた一般的によく使われている基本的なレイアウトです。

壁付けとしてレイアウトされることが多いタイプになります。

設置スペースがコンパクトなので、狭い空間やスペースが限られた場所に最適です。

L型

キッチンがL字型(直角)にレイアウトされているキッチンです。

コンロとシンクが向かい合うように設置されていることが多く、壁付けキッチン・対面キッチンとしても

設置ができます。

短い動線の中に、作業スペースや収納があり、広い作業スペースは家族が一緒に入ってお料理や洗い物を

しても、十分なスペースがあるので、楽しく効率的に作業ができます。

 

U型

キッチンがコの字型(U型)にレイアウトされているキッチンです。

調理台、コンロ、シンクがセットになっていて、全体にまとまり感があり、収納と作業スペースがとても

広く豊富にあります。

短い動線の中に、作業スペースや収納があるので、効率的でスムーズな作業ができます。

 

Ⅱ型

コンロとシンクを分けて、2列に配置した壁付けプランで、セパレート型とも呼ばれています。

オープンキッチンにも、クローズドキッチンとしても設置ができます。

コンロとシンクへの動線が短くて、それぞれの作業スペースが広いので、動きやすく効率的に作業ができます。

 

アイランド型

どこも壁に接していない、島のように配置されたオープンキッチンです。

キッチンのまわりを自由に移動できるようにレイアウトされていて、キッチンからの視界が広がり、

リビングやダイニングが見渡せる開放的なレイアウトになります。

壁に接していない島のようなレイアウトのアイランド型キッチンは、家族やお友達と囲んでお料理したり、

コミュニケーションが楽しめる雰囲気が魅力です。

対面型のオープンキッチンなので、オシャレなカラーの調理器具やお気に入りの小物を置いて、

見せる」「魅せる」収納が楽しめます。

 

ペニンシュラ型

 壁に接していないアイランド型に比べ、左右のどちらかが壁にくっついていて、半島のようなレイアウトの

オープンキッチンが、ペニンシュラ型のキッチンです。

カウンターの奥行きが広く、椅子を並べてバーやカフェのような空間にして、開放的でコミュニケーションが

取りやすい対面キッチンになります。

また、ダイニング側に収納を設けるなど、デザインの工夫次第で多様な使い方ができる魅力があります。

 

以上、6種類のキッチン形状からアナタならどのタイプを選びますか?

建物の構造上、ご希望に添えない場合やお選び頂けない種類のキッチンもございます。

キッチンスペースや併設するお部屋のスペース、ライフスタイルに合わせたりしながら、

イメージに合ったキッチンのタイプを考え、リフォームの際はぜひご相談ください。

今あるキッチンのお悩みやご希望

今、ご使用されているキッチンでお悩みやご希望を独自にアンケートを取ったところ、

キッチンは油汚れがつきやすく、お掃除がとても負担に感じてしまうといお悩みや、

シンクが狭くて、効率が悪くて洗い物が大変というお悩み、収納がもっと欲しい、

お料理もお掃除もはかどるキッチンにしたい、テレビを見ながらお料理ができたらいいな…というご希望など、

パパには分からないお悩みやご希望はいろいろあるようです。

キッチンのリフォームをするメリット

〇キッチンがぐっと快適に使いやすくなります

〇キッチンのレイアウトで、空間の雰囲気が変わります

〇併設されている空間全体に統一感が出て、スッキリした印象に見えます

〇お手入れがラクなので、清潔に保つことができます

〇デザイン性が高く、設備や収納スペースが充実しています

〇キッチンのサイズやカラーがとても豊富です

〇節水タイプが多く、地球にやさしい

〇換気扇だって、様々な機能があります

 ※新しい生活様式に、換気は必須!24時間換気設備として活用できる換気扇あります

〇撥水加工や撥油加工で、換気扇や魚焼きグリルの掃除が劇的にラクになる商品あります

〇今の時代、非接触式自動センサー水栓がおすすめです

〇最新設備を導入すれば、機能性が高まり、使い勝手が良くなるので、ストレスが軽減されます

〇対面キッチンを取り入れて、会話やコミュニケーションを楽しみながら作業ができるようになります

〇動線が良くなり、配膳や後片付けしやすくなります

〇選ぶキッチンのレイアウトや形状で、キッチン内部が隠せたり、オープンに見せたりが可能です

まとめ

食を支えるキッチンという空間は、私達の暮らしにおいて、命を支えるためにとても大切な場所です。

美味しいお料理を囲めば、自然とコミュニケーションも弾み、幸せで豊かな時間を感じることができます。

たくさんあるキッチンのタイプや種類から、どの要素を重視するかによってキッチン選びは違ってきます。

キッチンは生活感の出やすい場所ですので、レイアウトによって、空間の雰囲気もガラっと変わります。

キッチンのリフォームで、

・壁付けキッチンから、対面キッチンへレイアウトの変更をしたり

・オープンタイプから、セミオープンタイプに変更したり

・I型からL型に変えるなど、キッチン形状を変えたり

・設備だけを新しいものに交換したり

キッチンスペースや収納力、動線などの使いやすさは人それぞれ違います。

ライフスタイルや空間スペース、使う目的に合わせて、ご自分に合ったキッチンを選んでみましょう。

キッチンのリフォームで最新設備を取り入れれば、機能性がアップして調理効率や家事効率が良くなり、お手入れやお掃除もラクになりますので、これまでのストレスが軽減されますよ。

北欧風リフォーム・リノベーション

キッチンリフォームで、

欲しかった!使いやすくてお料理が楽しくなる、思わず時間を忘れてしまうステキなキッチン空間。

暮らしを今より快適で素敵に!より良く変えてみましょう!

居心地が良く、お気に入りのキッチンになるといいですね♪

 

五稜建設では、様々なリフォームに対応いたします。

リフォーム、リノベーションのサービスはこちら

 

関連記事

このページのトップに戻る