お役立ちコラム|千葉市・八千代市・習志野市のリフォーム・リノベーションなら五稜建設

インスタグラム
お問い合わせ電話番号043-251-7370定休日:日祝、第1・3土曜

お役立ちコラム

コラム

室内ドアのリフォーム費用や種類別の特徴を徹底比較!

室内ドアをリフォームすることによって、今までより使いやすくなったり部屋が明るくなったりなど、たくさんのメリットが得られます。
しかし、気になるのがリフォーム費用ではないでしょうか。
室内ドアには、遮音性や遮断性など機能性に優れたタイプや、木目調などデザインを重視したタイプなど、種類が豊富です。
グレードによって室内ドアの費用も変わるため、種類別の特徴を確認することが大切です。
そこで今回は、室内ドアをリフォームする場合の費用相場や、室内ドアの種類別のメリット・デメリットについて解説します。

 

室内ドアをリフォームする費用相場は?

室内ドアのリフォーム費用は、どこまで修理・交換するのかで異なります。
一般的な室内ドアリフォームの費用相場は、次の表を参考にしてください。

リフォーム 費用相場
室内ドア修理 2~8万円
金具交換 1.5~3万円
室内ドアのみ交換 4~10万円
室内ドア+枠交換 10~30万円
室内ドアを新設 6~35万円
室内ドアの種類を変える 20~36万円

 

室内ドアのリフォームは、ドア枠を活用できるかで費用が万単位で左右されます。
ドア枠交換となれば、室内ドアのみ交換と比べて約2倍費用が変わります。
室内ドアに開いた穴をパテ埋めするだけなど、簡単な補修なら数万円です。
選ぶ室内ドアのグレード(防音や換気口付きなど)によっても費用は変わるので、予算を決めてリフォームを考えると失敗しません。

室内ドアリフォームで開き戸にするメリット・デメリット

室内ドアリフォームで開き戸にするメリットは、気密性と遮断性の高さです。
開き戸はドアを閉めた時に隙間がほとんどないため、室内の音や温かい空気を逃しません。
デザインや機能性の種類も豊富で、ガラスの入った開き戸は採光などもできるため、部屋を明るくする効果が高いです。
デメリットは、スムーズに開き戸を開閉するためにスペースを確保しなくてはいけません。
引き戸と違い「部屋の一部分に物を置けない」「電源スイッチの位置を考えて開閉の向きを考えなくてはいけない」などの注意点があります。

室内ドアリフォームで引き戸にするメリット・デメリット

室内ドアのリフォームで引き戸にするメリットは、ドアを開けた状態でも部屋を広く使えることです。
開閉スペースが狭いため、物の置き場所や電源スイッチの位置など深く考えなくても大丈夫です。
また、2枚以上の引き戸をスライドするタイプは、ドアを外すことで隣の部屋との仕切りがなくなり、広い空間が作れます。
デメリットは、密閉性や遮断性が低いため、開き戸に比べて音漏れやドア付近に居ると冷たい風を感じます。

室内ドアリフォームで折れ戸にするメリット・デメリット

室内ドアのリフォームで折れ戸にするメリットは、開閉スペースが約1/3で済むため、狭い空間でも困りません。
折れ戸のリフォームは、狭い廊下に面したトイレや浴室、クローゼットに利用されるケースが多く、コンパクトな場所に便利です。
デメリットは、折れ戸を開けた時にドアによって間口が狭くなること、開閉時に指を挟みやすいことです。
あまりにも狭い間口に折れ戸をリフォームしてしまうと、出入りが不便になるので気をつけましょう。

室内ドアリフォームでシートの張替えをするメリットとデメリット

室内ドアのリフォームでシートの張替えをするメリットは、費用を抑えられることです。
ドア交換などと違い、カッティングシートやダイノックシートの張替えでリフォームするため、壁の工事が必要ありません。
デメリットは、室内ドアは現状のままなので遮断性や気密性は変わらず、ドアの面積やシートデザインによって費用が左右されます。

室内ドアのリフォームで失敗しないポイント

室内ドアのリフォームにより、費用は40万円近く発生します。
せっかくリフォームしたのに、いざ生活してみたらイメージと違った…なんてこともよくあります。
室内ドアのリフォームで失敗しないために、次のポイントに気をつけましょう。

・遮音性にこだわる部屋(ガラスなし開き戸)
・暗い部屋を明るくしたい(ガラス入り室内ドア)
・部屋を広く使いたい(引違い引き戸)
・リビングの一角を間仕切る(引違い引き戸)
・ドアのカビを隠したい(シートの張替え)
・トイレのドアを開けると人が通れない(折れ戸か引き戸)

室内ドアの種類によって特徴が違うので、寝室の室内ドアを変える時は、気密性と遮音性の高い開き戸にするなど、生活環境に合わせてリフォームするのがポイントです。

まとめ|室内ドアリフォームは事前相談が大切

室内ドアをどこまでリフォームするのかで費用は大きく異なります。
費用は室内ドアやシートなど材料だけではなく、リフォームに必要な材料費や撤去費など、諸経費も必要です。
機能性やデザインが豊富な室内ドアがたくさんあるので、まずはどんな種類があるのか確認しましょう。
室内ドアの種類別で特徴や費用も違ってくるため、リフォーム前に相談して見積もりしてもらうと失敗しません。

このページのトップに戻る