お役立ちコラム|千葉・八千代・習志野のリフォーム・リノベーションなら五稜建設

インスタグラム
お問い合わせ電話番号043-251-7370定休日:日祝、第1・3土曜

お役立ちコラム

コラム

今のご時世だから・・・在宅中でも宅配ボックスを使おう!!

ネットの普及が広がり、ネットショッピングや通販で買い物をする事の多い現代人が増えています。

普段、働いていて不在の多い方や共働きのご家庭では、在宅時間に合わせて荷物を受け取ることが難しく、

不在の為、どうしても再配達になる事が多くなってしまうと思います。

その度に再配達の依頼をするのが手間で面倒に感じたり、何度も来てくれる宅配業者の方に申し訳ないなあと、ストレスを感じてしまいますよね…

 

又、現在では新型コロナウイルスの感染拡大により、ネットでのお買い物が増え、宅配業者の方の負担がますます増えています。

それと同時に、仕事とはいえ宅配業者の方も、そして受け取る側も対面での接触が不安に思い、なるべく接触での危険を避けたい!と考えていることでしょう。

「いかに受け取るか!」

 

そんな時、コロナ対策で宅配ボックスを設置するのがとっても便利です。

 

宅配ボックスとは

「留守中であっても、無人で受け取る事ができるように、宅配業者が宅配物を入れる為のボックス」です。

在宅中であっても手が離せない時など、配達時間を気にせず、再配達を依頼する手間もなくなります。

 

宅配ボックス設置のメリットとデメリットとは

宅配ボックスを設置するメリット

〇留守中で不在の時、確実に宅配物が受け取れる

〇配達時間を気にせず自由な時間に受け取れ、時間を選ばない

〇最短での荷物の受け取りが可能!

〇普段、ネットや通販で買い物する機会の多い方は、配送時間を気にせず買い物を楽しめる

〇再配達を依頼する手間が省け、ストレスが軽減できる

〇自動捺印機能を備えた宅配ボックスの場合(押印システム搭載のもの)

 宅配業者の方、1開閉につき、受領の押印が使用できるのは1回。1ボックス=1開閉=1回なので

 セキュリティー面で安心!

〇防犯対策に効果的!

 宅配業者を装った不審者などの場合、玄関を開けずに対面で対応の必要がないので

 一人暮らし、女性である事など情報を知られてしまう心配がない

〇在宅中でも手が離せない時など「宅配ボックスに入れておいてください!」で対応できてしまう

〇宅配業者によっては、事前に会員登録など行っておけば、宅配ボックスから荷物を発送できるサービスもある

 

宅配ボックス設置のデメリット

〇荷物の大きさやサイズ、個数に制限がある

 荷物が大きくて入らない物や、既に他の荷物が入っている場合は配達できない

 水などを定期購入している場合など、確認・注意が必要

〇集合住宅、アパート、マンションでは、宅配ボックスの数が全戸数と比べて少ない場合、

 荷物が宅配ボックスへ入れられずに配達されないで営業所へ持ち帰ってしまう場合がある

〇冷蔵/冷凍機能はないので、生ものは入れる事ができない

〇貴重品、代金引換、着払いなど、直接受け取る必要のあるものについては、どの宅配業者も入れない決まりになっている

〇割れやすいもの、電化製品などの精密製品などは注意が必要

〇誤配送、盗難時に保証がきかない可能性があるので、宅配業者によっては宅配ボックスの使用を拒否されてしまう場合がある

 

宅配ボックスのタイプ

宅配ボックスには、主に

工事不要の「簡易タイプ」、工事必要な「工事設置タイプ」があります。

 

工事不要の簡易タイプは、簡単にご自身で設置できますが、

ボックスが軽いのでそのまま持っていかれる防犯面を考えると、工事設置タイプが安心です。

 

簡易タイプ

玄関前などに置いて使ったり、ワイヤーなどで固定して据え置きにします

工事設置タイプ

住宅壁・門壁に埋め込んだり、住宅面・門堀に壁掛けたり、ポールで挟んで設置したりなどの工事が必要になります。

 

※宅配ボックスには、

「宅配物のみ、入れるタイプ」「郵便物+宅配物が一体になっているタイプ」などがあり、

 宅配物は前入れ/前出しや、前入れ/後出し(後方のスペースが確保できる場合)で取り出します

 

宅配ボックスで受け取り可能な最大サイズの目安

ご参考までに、宅配ボックスで収納可能な日用品を挙げて

あるメーカーのミドルタイプ、ラージタイプの2つで、サイズ目安の比較をしてみました。

 

ミドルタイプの場合

宅配ボックスサイズ:W310×D400×H500 重量20㎏まで

・缶ビール2ケース(350ml×24缶)

・米10㎏×2袋

・ウォーターサーバー用ボトル(12L)×1本

 

ラージタイプの場合

宅配ボックスサイズ:W310×D400×H700 重量25㎏まで

・缶ビール2ケース(350ml×24缶)

・米20㎏×1袋

・ウォーターサーバー用ボトル(12L)×2本

 

鍵のタイプ

 鍵のタイプは、機械式・電気式の2種類となります。

機械式(ダイヤル式)

主に戸建用。電源が不要。

南京錠や暗証番号をダイヤル・テンキーなどで施解錠するアナログタイプ

 

・配達員が都度、暗唱番号を設定➡その番号を通知書/不在票などで自宅ポストへ投函し、通知

 受取人は、通知された暗証番号でダイヤルを合わせ、解錠し荷物を受け取る

 

※シンプルでわかりやすく、リーズナブル価格で購入が可能!

 しかし、暗唱番号を第三者に読まれ、ただ置くだけの据え置きタイプの場合は荷物を持ち逃げされる可能性あり…セキュリティー面が心配

 

電気式(コンピューター式)

主に集合住宅やマンションなど。電源が必要。

液晶パネルが付いていて、タッチパネル・カードキー・テンキーなどで施解錠をコンピューター制御

 

・配達員は液晶パネルの操作や音声案内される手順に従って、荷物を宅配ボックスに入れる

 受取人の部屋番号を入力するだけの事が多いので、配達員と受取人の暗証番号設定ミスが防げる

 居住者である受取人が、入居時に与えられたICカード・専用認証キー・暗唱番号などを操作パネルで

 入力するなどして荷物を受け取る

 

※タッチパネルで操作が分かりやすい

 初めてでも簡単に利用でき、暗証番号の設定ミスや盗難トラブルが少なく、セキュリティー面が安心

 

荷物受け取りの受領印・押印の方法

宅配ボックス内に印鑑を用意しておくタイプ

・配達員が宅配ボックス内の印鑑で押印してくれる。わかりやすいが、盗難や悪用の心配がある。

 

自動的に押印してくれる印鑑機能がある、押印システム搭載タイプ

・事前にシャチハタなど印鑑をセットしておけば、配達員が捺印ボタンを押すだけで押印が完了!

 1納品につき、1回のみの押印でイタズラ防止。盗難・悪用の心配が少ない。

 

豊富な選べるカラーバリエーションやデザイン

シンプルで落ち着いたカラーや自宅、建物などの外観に合わせたカラーだったり

アクセントカラーになるビビットカラー、木目調など多様なカラーバリエーションから選べます。

デザインも、シンプルなものや可愛らしいデザインのもの、スタイリッシュでおしゃれなものなど様々です。

 

コンビニや郵便局、宅配便ロッカーなどでも受け取れるサービスがあります

宅配ボックスが自宅にない方にとって公共の場で荷物が受け取れるサービスは「宅配ボックスがわり」になります。

受け取り時間が自由に選べ、好きな時間に受け取れるので、時間を有効に使える利点があります。

家族や人に知られたくないものを購入できたり、プレゼントやサプライズ演出したい時などにオススメです。

 

※しかし、デメリットもあります。

 〇事前に宅配業者との配送契約が必要

  アプリのインストールやWEB会員登録が必要になる

 〇宅配ボックス同様、サイズ・大きさ・サービスが利用できる条件に制限がある

  冷蔵や冷凍、クール便など取り扱いできない物がある

 〇重いもの、軽い荷物でもサイズの大きいものは受け取ってから自宅まで運ぶのが大変になる

 〇全てのコンビニで、コンビニ受け取りができるわけではない

  一つの宅配業者、アマゾン・楽天などなどの企業、各々によって受け取れるコンビニが異なるので

  使い分けが必要になります

 

宅配ボックス設置に対する補助金について

現在、個人での補助金申請は受け付けていないようですが

駅やコンビニなどの公共施設、スーパーなどの商業施設、集合住宅やマンション等

公共の「オープン型宅配ボックス・ロッカー」を設置した企業や事業者へは

申請すれば、設置費用の1/2が助成されます。

 

まとめ

 以上、無人でも受け取れる便利な宅配ボックスについてご説明させていただきました。

 最近では、特に新型コロナウイルスによる様々な影響を受け、

 人との接触を避けたい、避けなくてはいけない今のご時世だからこそ!宅配ボックスがあれば…

 宅配業者の配達する側にも、受け取る側にとってもメリットが多く、お互いへの配慮ができますね。

 お子様が留守番している間もとっても安心です。

 便利なネットショッピングを使って、効率よく安心にお買い物もできますね。

 

 自粛が解除された後も、宅配ボックスを備えておけば安心!

 共働きや小さいお子様がいらっしゃる方、高齢者の方にも引き続き、宅配物の心配をしたり

 もう、面倒な不在票を見ながら再配達の依頼をしたりしなくても大丈夫!!

 たとえご自宅にいる時であっても、手が離せない、スッピンやこんな格好で出たくない…とういう時も

 「宅配ボックスに入れておいてくださ~い!」で安心です!

 

 購入を検討される際には、改めて事前に

“どこに設置するのか” “受け取ることが多い荷物のサイズ” “防犯面”などを踏まえてご検討の上

 ぜひ、弊社へのご相談・ご連絡をお待ちしております。

 

 「宅配ボックス」のご依頼・ご相談・お見積りは

 弊社・五稜建設株式会社まで。https://www.goryou.co.jp/

 

こんな世の中だからこそ、ぜひ!! お急ぎください。

とっても便利で、人と人との接触を避けられるように配慮できる優しい宅配ボックスの購入・設置を

ご検討されてみてはいかがでしょうか?

 

 

 

 

このページのトップに戻る