リフォームとリノベーションにはどんな違いがある?解説します!|千葉・船橋・習志野のリフォーム・リノベーションなら五稜建設

インスタグラム
お問い合わせ電話番号043-251-7370定休日:日祝、第1・3土曜

お役立ちコラム

コラム

リフォームとリノベーションにはどんな違いがある?解説します!

よく耳にし、目にするのが「リフォーム」や「リノベーション」という言葉。

ですが、リフォーム?リノベーション??と、違いがよく分からずに迷ってしまうことはありませんか?

時間の経過とともに、物件や住宅の設備、建築資材は必ず劣化しますし、老朽化していきます。

劣化や老朽化を目の当たりにしたら、その部分だけの補修や修繕をする事や、

丸ごと新しく交換や作り替えをする事を検討されるのではないでしょうか。

その迷いをスッキリ解決すべく、リフォームとリノベーションの違いについて解説します。

リフォームとは

既にある物件や建物の一部だけを変える小規模な改修工事に使われる事が多いのは「リフォーム」です。

経年劣化や老朽化で、設備機器や水回りなどが壊れてしまったり、汚れてしまったりしている悪い状態から、

新築・新品のような元の状態まで原状回復させて、価値を取り戻す手段が「リフォーム」といわれています。

設備の変更や修繕など、システムキッチンやユニットバスの入れ替え、壁紙の張り替えなどが「リフォーム」に分類されます。

リノベーションとは

リフォームに比べて、大規模な改修工事に使われる事が多いのは「リノベーション」です。

既にある物件や建物を建替えずに、建物の良さを活かしつつ、暮らしやライフスタイル、用途に合わせて

自由に設計デザインをして、生まれ変わらせる手段が「リノベーション」といわれています。

革新や刷新、改修を意味し、性能を今より向上させて価値を高めたり、新しく設備を付け足すなど、

間取りを変えてプラスα新たな価値をつけて向上させることを表します。

間取りの変更、水道管、排水管、冷暖房換気設備の変更など「リノベーション」に分類されます。

リフォームとリノベーションの違いについて

簡単にわかりやすく表現すると、

経年劣化や老朽化で、マイナス状態になったものを、新築当時の状態まで戻す原状回復が「リフォーム」で、

「リフォーム=マイナス状態から、新築当時のゼロ状態へ戻す」こととなります。

 

それに対して、マイナスやゼロの状態のものを全体的に見直し、時代や暮らし、ライフスタイルに合わせて、

より良く作り替え、生まれ変わらせるなど、魅力的な物件や建物にするのが「リノベーション」です。

間取りの変更をしたり、用途や機能を変更したり、新しくして最新性能を向上させ、

マイナスや新築当時のゼロの状態よりもプラスの状態に、新しく生まれ変わらせて価値を高めることにつながります。

「リノベーション=マイナスやゼロ状態から、新築プラスαに作り替える」こととなります。

昭和時代に建てられた団地やお住まいを、今の時代に合わせ、より良い設備や生活スタイル、北欧風、ナチュラルなど好きな住居のスタイルを取り入れ、自由自在にアレンジするという魅力から近年、リノベーションは注目されています。

 

リフォームのメリット

物件や建物の雰囲気はそのまま生かせる

大掛かりに重要な基礎や柱などの構造部分だけを残してスケルトンにするなどのリノベーションと違い、

物件や建物自体が老朽化していなければ、建物の一部や改修したい部分を新しくするだけになるので、

住み心地や雰囲気などは大きく変える事なく、そのまま生かしてリフォームでの対応が可能です。

居心地の良い空間や、愛着のある空間であれば、そのまま残せた方が嬉しいですね。

工期が短く、費用が安く済む傾向

気になる箇所や気になる部分のみの原状回復になるので、リノベーションに比べて工期が短く済み、

費用もリノベーションに比べて安く抑えられる傾向があります。

部分的な改修で工期が短いため、仮住まいも不要になります。

完成後のイメージがつきやすい

壊れた設備を新品に交換したり、劣化や汚れてしまっている状態から元通りに原状回復したりと、

部分的に変えるだけになるので、リノベーションに比べて費用を抑えられるだけでなく、

完成した後のイメージをしやすいのがリフォームです。

リフォームしようと計画を立てる時、優先順位をつける目安にもなりますね。

リフォームのデメリット

劇的な変化はあまり感じられない

あくまでも、一部や部分的な改修をしたり、壊れたり劣化したものを新品・新築の時のような状態に

戻す原状回復になるので、空間の劇的なデザイン性が変わるとか、大掛かりな間取り変更などの変化は

感じることができません。

間取り変更などで、新しく魅力的な空間を生み出したい!空間のデザイン性を重視して、こだわりたい!

というのは、リフォームではなかなか思っていた雰囲気になりづらくなる傾向にあります。

リノベーションのメリット

暮らしやライフスタイルに合わせて、自由に空間を設計できる!

年月の経過とともに変わる家族構成やライフスタイルに合わせるとか、イメージをガラリと変えて

使う人が暮らしやすいように物件や建物の空間を自由に設計して、新しい暮らし方や環境に合わせ、自由自在にアレンジできるという魅力があります。

これからのニューノーマル時代は、家に居る時間が長くなるとか、家で仕事をするというテレワークの時代になりつつあります。ライフスタイルを変え、人生を楽しく、家での生活をより快適にしてみるのも

素敵ですよね。

自分の好みや理想に合わせて、オシャレなデザインにできる!

物件や建物全体、お部屋全体のスタイルを変えたい!という理想を実現したり、北欧風、アメリカンスタイル、

 ナチュラルスタイル、プロバンス風などの理想の憧れ空間を実現できるのがリノベーションの魅力です。

新築より割安に、物件や建物が手に入るかも

都心部や駅チカ、希望のエリア内で、条件の揃う土地を購入して一から注文して作るとすると、

都心部や駅チカは不動産価格も高騰していますし、費用が大きくかかります。

そこで、探す物件を新築だけでなく、リノベーションを前提に中古物件を選択肢に入れて探してみると、

選択肢も増やせて、理想の物件を見つけやすくできます。

最近では「リノベーション済みの中古物件」というのもありますので、

思い切って選択肢をぐっと広げてみると、立地の良い地域や、新築よりも低コストで、理想に近い希望の

物件や建物を手に入れる事ができるかもしれません。

資産価値が高くなる可能性

性能をグレードアップさせたり、空間のデザイン性がアップして魅力的でステキな空間に生まれ変わることで

リノベーションをする前や、中古物件として購入した時よりも資産価値が高くなり、

査定額の上昇につながるかもしれません。

ご自分の好みや理想を実現して、価値が高まればとても嬉しい事ですね。

 リノベーションのデメリット

工期がかかるため、住み始めるまでに時間がかかる

リフォームに比べて工期が長くかかるリノベーションは、住みながら工事するのが難しい場合があります。

そのため、仮の住まいが必要になることがあります。

物件や建物の性能に不安がある

中古物件を購入してリノベーションをする場合、耐久性に不安があるなど、耐震、断熱、気密性能において、

既存の建築基準を満たしていない可能性があります。

 費用が高額になってしまう可能性がある

旧耐震基準で建築された物件や建物は、耐震基準を満たしていない場合、大きな耐震補強が必要となります。。

また、古い建物は断熱性能が低い建物が多いので、耐震補強や断熱工事などを含むリノベーションの検討が

必要になる可能性があります。

完成のイメージがつきにくい

空間全体を一新させるのがリノベーションなので、内装を解体した状態のスケルトンにして、

好みや理想の空間を作り出すオーダーメイドという事もあり、ご自分のイメージが施工する側に伝わっていなかったりすると、たくさんの時間を掛けて打合わせをし、まとめていったとしても、完成後のイメージは

部分的に変えるリフォームに比べて、つきにくく感じられるかもしれません。

こんな場合は、リフォームがオススメです

お風呂やキッチン、洗面、トイレなど、一部の設備交換で済みそうな場合や、

物件や建物に、全体的にまだ傷みが見られず、部分的な補修や修繕をしたい場合など、

現在の間取りやデザインに大きな不満がない!という、部分的な交換や補修修繕で済む場合には

リフォームがオススメです!

リフォームの具体例の一部

キッチン、お風呂、トイレ、洗面所のリフォームや、フローリングや壁紙など内装のリフォーム、

屋根や外壁のリフォーム、補助金や支援制度の対象となるバリアフリーリフォーム、省エネ性能をアップさせて

地球環境にやさしい省エネリフォームなど、様々なリフォームがあります。

外回りのリフォーム・・・外装や外壁の塗り直し、屋根の交換、雨漏りの修繕など

水回りのリフォーム・・・洗面台、キッチン、お風呂、トイレなど設備の交換や

タイル張りの浴室から、浴室暖房付きのユニットバスへ交換、和式から洋式トイレへ交換など。

内装のリフォーム・・・劣化や汚れが目立つ壁紙(クロス)の張り替え、床をフローリングに貼り替え、

建具や設備の交換など

介護リフォーム・・・手すりの取り付け、段差をなくす、スロープの設置など

リフォームで部分的な改修や原状回復が可能になります。

 

こんな場合、リノベーションがオススメです

未来の暮らしを一新したい場合や、物件や建物に全体的な痛みが目立ち、気になっている場合、

現在の間取りやデザインに大きな不満を持ち、新しく作り替えたい!という場合には

リフォームより、リノベーションがオススメです。

憧れのオシャレ空間を手に入れたい!北欧風、アメリカン、ナチュラル、プロバンス風など理想のスタイルを実現したい!という場合、ご自身で空間を自由に設計し、デザインして一新できるのがリノベーションの魅力です。

リノベーションの具体例の一部

例えば、既存のキッチンや浴室で最新機能を持つモデルや性能が高いモデルに変更したり、

家族との対話時間を増やす為、壁付キッチンのような独立性キッチンから、対面キッチンやアイランドキッチンなどのオープン型キッチンへ間取り変更するなどは、暮らしの質を高める事につながるリノベーションのひとつです。

・ホームシアタールームを作る

・使用頻度の低い客間とリビングを仕切っていた壁を壊し、1つの広々とした解放感あふれるリビングを作る

・子供の独立で部屋数が不要になった分、趣味のアウトドアや自転車、スノーボード用品など収納するのに、広い土間を新たに作る

・お子様が生まれ、お子様の成長に伴って部屋を新たに作り、部屋数を増やす

・住居内にオフィススペースを作る

など、ライフスタイルに合わせて魅力的な空間や建物を作り出せるのがリノベーションの特長です。

・中古で購入した建物やマンションを、単身世帯用に間取り変更する

・オフィスビルを住居用に改修する

・昔ながらの古民家をカフェにする

・少子化で廃校になった学校を宿泊施設や店舗に改装する

などの、用途や機能を変更するリノベーションは、自由設計でお好みのデザインに作り替えることが出来るので

人気が高まっています。

まとめ

最近では、リノベーションが注目されていて、とても人気があります!

好みに合わせてデザインしたいけど、注文で一から作るには費用がかかってしまうし、

希望のエリアで予算や間取り、設備といった希望の条件が揃う物件を見つけるのはなかなか大変。

そこで、昨今の人口減少により、中古マンションや中古戸建、中古のビルや店舗など、中古物件の流通量が増えている今、リノベーション済みの中古物件として販売されているものや、中古物件をご自身でリノベーションするという前提など、新築で注文する以外の選択肢を広げると、幅広い物件探しが可能になります。

暮らしやライフスタイルに合わせて、自由に空間を設計できますし、好みに合わせて、オシャレなデザインを選べるリノベーションで、空間を一新することもできます。北欧風、アメリカン、ナチュラル、プロバンス風など理想のスタイルを実現するのも良いですね。

建物自体は問題ないし、老朽化もまだ大丈夫!愛着のある物件や建物を、大きく変えずにそのままに生かして

壁紙だけ変えたいな~、お風呂やトイレ、キッチン、洗面台を新しくしたいな~、などの設備のお取り替えなど

部分的な改修や補修で、新築の時のような状態に戻して快適に使えるようにリフォームするのも良いですね。

 

お住まいや建物は、時間の経過とともに故障や不具合などがどこかに必ず生じてきます。

物件やお住まいの状態を見ながら、アナタらしい理想や希望に合うのはリフォームなのかな

リノベーションの方がいいのかな…と、どちらも視野に入れながらアナタらしい空間を手に入れて

快適な暮らしを実現してみてはいかがでしょうか。

五稜建設リフォーム、リノベーションのサービスはこちら

関連記事

  • 美しく快適な暮らしをキッチンから!リフォームの種類、タイプやレイアウトについて美しく快適な暮らしをキッチンから!リフォームの種類、タイプやレイアウトについて 快適なキッチンに交換し、インテリアの一部として魅力を高め、流れるようにスムーズなキッチンにリフォームしてみませんか? 新型コロナウイルスの影響からステイホームが増えたことで、 お家でお料理をし、下準備に時間をかけることや外食のような非日常体験でゆっくり食事を楽しむこと、 […]
  • テレワーク応援!リフォームでワークスペースを作りませんか?テレワーク応援!リフォームでワークスペースを作りませんか? 在宅勤務や在宅ワーク、テレワーク、リモートワーク増加中 以前から、在宅勤務や在宅ワークなどのキーワードを耳にしたことはありましたが 新型コロナウイルスの感染拡大により、一気にこの在宅勤務、在宅ワークに加え、テレワーク、リモートワークというキーワードが当たり前のように聞かれる […]
  • 壁のリフォームは簡単?業者かDIYのどちらにするべき?壁のリフォームは簡単?業者かDIYのどちらにするべき? 壁をリフォームするだけで今までの印象が大きく変わり、まるで新築に移り住んだような気持ちになります。 最近は、自分たちで壁をリフォームする(DIY)も増えていますが、費用面やキレイに仕上げられるか不安な人も多いでしょう。 そこで今回は、壁のリフォーム費用は業者とDIYでどれく […]
  • 千葉市若葉区『北欧風リノベーション(北欧風リフォーム)』完成内覧会へGO!千葉市若葉区『北欧風リノベーション(北欧風リフォーム)』完成内覧会へGO! 五稜建設で、現在進行中!! 千葉市若葉区みつわ台にあります、築年数32年の3階建て物件の2階のお部屋一室を、 まるごと「北欧風へリノベーション!」しているプロジェクトですが… 完成内覧会を開催いたします!! 開催日時:2020年10月12日(月) ~ 10月16日( […]
  • シロアリの予防と対策シロアリの予防と対策 春~夏に見た羽アリは、家を食べているシロアリかもしれません!! シロアリの生息地であれば、シロアリ被害はどこででも起こる可能性があります 早期発見が重要です!! シロアリのお気に入りの場所 ◆日当たりの悪いところ ◆暖かいところ ◆湿気が多いところ ◆水をよく使う […]
  • 室内ドアのリフォーム費用や種類別の特徴を徹底比較!室内ドアのリフォーム費用や種類別の特徴を徹底比較! 室内ドアをリフォームすることによって、今までより使いやすくなったり部屋が明るくなったりなど、たくさんのメリットが得られます。 しかし、気になるのがリフォーム費用ではないでしょうか。 室内ドアには、遮音性や遮断性など機能性に優れたタイプや、木目調などデザインを重視したタイプな […]
このページのトップに戻る