お役立ちコラム|千葉・八千代・習志野のリフォーム・リノベーションなら五稜建設

インスタグラム
お問い合わせ電話番号043-251-7370定休日:日祝、第1・3土曜

お役立ちコラム

コラム

新型コロナウイルス感染予防対策で注目の「換気」その重要性と効果・換気方法について

新型コロナウイルス感染症について、政府・厚生労働省は「3つの密」と言われている3つの条件が揃ってしまうと「クラスター発生」と呼ばれる集団感染のリスクが高まると指摘しています。

クラスター(集団)感染のリスクが高まる3つの密と言われる条件は?

①換気の悪い密閉空間

②多数が集まる密集場所

③身近で会話や発生をする密接場面

 

クラスター(集団)感染の発生リスクを避けるには

①換気を励行する

 定期的に外気を取り入れ換気を実施する

②人の密度を下げる

③近距離での会話や発声、高唱(大声や歌うなど)を避ける

 

そこで!!

リスク要因の一つである「換気の悪い密閉空間」の改善のため、

新型コロナウイルス等の感染予防対策で今、推奨・励行されているのが「換気」です。

 

この「換気」ですが、正しく理解し、実践している人はとても少ないようです。

どのような事に注意して換気すれば良いのでしょうか?

推奨されている換気の方法をまとめて説明していきたいと思います。

 

換気とは?

〇室内の空気と外気を交換することです。

 外の空気を室内に取り入れる➡室内の空気を外に追い出す、室内の空気中の汚染物質を排出したり、薄める

 

換気のメリット

・新鮮な空気を取り入れることができる

・溜まった熱を排出し、過ごしやすい温度に調整する

・湿気を外に出して、部屋の除湿ができる

・こもってしまった気になるニオイを外に排出する

・空気中のハウスダストや化学物質、ウイルスを外に追い出すことができる

 

※夏場は一気に換気を行うことで、建物を冷却したり、建物の中に居る人が風を浴びて清涼感を感じることができます。

「換気」は、人にも、建物にも、とっても重要で必要なものです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

換気の種類と特長

・換気には、「自然換気」と「機械換気」があります。

 窓や扉を開けて、自然の力を利用して通風し、内外の空気を入れ替える「自然換気」と

 機械式のファンや送風機・排風機などの空調や換気設備の力を使って空気の入れ替えを行う「機械換気」があります。

 ファンや送風機・排風機などを用いて外気と室内の空気を入れ替えて換気を行います。

 

窓を開放をする頻度・換気時間の理想は?

家庭の場合

6畳~8畳の広さで2時間に1回、1回の換気につき5~10分程度、窓を開放すると

部屋の空気はほぼ全体が入れ替わるとされています。

 

オフィスや店舗、商業施設等の場合

空調や換気設備と併用して、30分に1回以上、数分程度、窓を全開に開放しましょう。

 

※1回の換気時間を長くするのではなく、換気する回数を増やすほうがよいでしょう。 

 換気が頻繁に行われれば、新鮮な空気が室内に取り入れることはできます。

 

換気には、どういう方法があるの?

窓やドアを開けて換気しましょう!

・できるだけ対角線上の2カ所以上の窓を開けるのが効果的!

 近い場所の2カ所では狭い範囲でしか空気が循環しないので換気効率が悪くなります。

 

空気の流れの特性を生かしましょう!

・ただ、窓を開けるというだけでは十分に空気を入れ替える事はできません。

 空気の流れをつくるのがポイントです。

・給気する側は小さく開け、排気する側は大きく開けましょう!

 そうすると、小さく開けた隙間から勢いよく空気が入り、広い隙間から小さな力で排気されます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

扇風機やサーキュレーターを使いましょう!

窓が1つしかない、または窓がない部屋の場合、空気の流れを作りたい場合、

扇風機やサーキュレーターを使って部屋の空気を外に出したり、空気の流れを作ることができます。

 

排気口として、換気扇を使いましょう!

窓がない部屋などから、廊下などに流れてきた空気や、溜まってしまった汚れた空気は、

浴室、トイレ、洗面所、台所などの換気扇を使って効率的に外へ排気しましょう!

 

~効率の良い換気には、風の通りがよくなるよう、空気の流れを上手に作ることが大切です。~

 

チェックしてみましょう!不具合や原因が見つかるかも…

効率良く換気したい!それには、現在の窓やドア、換気扇に問題があっては、とてももったいないです。

周りを見回してチェックしてみてください。

 

■窓やドアに不具合はありませんか?

 窓やドアのがたつき、開けづらい、ドアノブの交換など、ご相談ください。

■網戸は壊れていませんか?補修・修理はもちろん、網戸のついていない場所へ新しく設置するなど

 ご相談ください。

■窓を増設リフォームしてみませんか?

 窓のない部屋や、空気の流れを良くするために風通しの良い場所への増設をおすすめします。

■換気扇を新しいものへ交換しましょう!もちろん、新しく設置も可能です。

 浴室、トイレ、洗面所、台所などの換気扇は正常に作動していますか?

 10年以上経つと劣化が避けられません。

 明らかな症状がなくとも安全の為にも交換をご検討されて、ぜひご相談ください。

 

24時間換気システムの設備を確認・点検してみましょう!!

知っていますか?「24時間換気システム設備」

24時間365日換気をし、空気の入れ替えをしてくれる設備です。

 

2003年7月以降に建築した建物については、

空気を入れ替える機器「24時間換気システム設備」の設置が義務づけられました。

 

部屋の壁、天井に「換気口」が付いているのを知っていますか?

この換気口から、中の汚れた空気が外に排気され、同時に建物の外から新鮮な空気を取り込んで給気しています。

1時間で部屋の半分、2時間で部屋の空気をほぼ1回入れ替えることができます。

 

ちゃんと正しく使えていますか?「24時間換気システム設備」

各部屋、リビング、浴室、トイレ、洗面所などを改めてよく見回して確認してみてください。

特にスイッチをONにしたりするタイプの換気システムでなければ「換気口」が付いていることさえ

気づいていなかったり、意識せずに過ごされている方が多いのではないでしょうか?

 

換気口は閉めたままになっていませんか?

本来は開けたままが前提で設置されているものです。

知らずに閉めたままだったり、冬は外から空気が入って寒い・夏は暑いなどといった理由で閉じてしまうと、24時間の役割が果たせていない状態になってしまいます。

台風や大雨以外は、開けたままで。又は閉めたら、忘れずに開けておくようにしてください。

 

24時間換気システム設備を正しく使うには?

・24時間換気システム設備にスイッチON・OFFの機能があるものは、いつも正しくONにしておきましょう

・換気口を開けたままにしておきましょう!

・換気口のフィルターは、汚れやホコリで目詰まりしてはいませんか?

 換気機能が低下してしまうので、定期的な清掃や、フィルターの交換が必要です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

換気設備や、24時間換気システム設備の後付けもご相談ください。

2003年(平成15年)の建築基準法の改正で、24時間換気システムの設置が義務付けられたこともあり、

新築の場合は、居室ごとに専用の24時間換気システムが設置されていますが、

しかし、法改正前に建てられた住居の場合は、24時間換気システムの後付けや別途に便利な換気設備を設置することをおすすめします。

 

設計の確認や設置スペースの確保が必要であったり、排気口や換気口を新しく開けるには建物の壁に

穴を開けることが必要になったり、天井裏に換気設備を埋め込むなどの作業が必要になります。

建物のつくりなど調査の上、施工可能であれば、弊社にてご対応が出来ますので

ぜひ、ご相談ください。

 

法改正前に建てられた住居の場合、後から居室ごとに換気扇をつけるのは大変…という場合

後付け可能な換気設備の設置をご検討してみてください。

後付け可能なキッチンやお風呂・トイレの換気扇に24時間換気機能がついていると、とても便利です。

 

キッチンのレンジフードによる換気

キッチンのレンジフードと言えば、料理をするときに使うものと認識されていますが
強弱ボタン以外に、常時ボタンが付加されているものがあります。

この常時ボタンを使用すると、常時=24時間換気ということで、建築基準法による住宅の常時換気を行う設備として使用することが可能です。

浴室の換気扇による換気

浴室の換気扇も、24時間換気扇をつけっぱなしにしておくことが必要です。

24時間換気機能の付加された浴室暖房乾燥機を設置されると、

常時=24時間換気ということで、建築基準法による住宅の常時換気を行う設備として使用することが可能です。

トイレの換気扇による換気

トイレの換気扇も、24時間換気扇をつけっぱなしにしておくことが必要です。

トイレ内の換気をしてくれるのはもちろんのこと!

各部屋から廊下などを通って流れてきた空気を、換気扇で外へ排気します。

 

◎以上の通り、建築基準法の法改正前に建築された建物についても、

 2003年(平成15年)の建築基準法の改正により、

 24時間換気システムの設置が義務付けられたこともあり、現在ではキッチン、浴室、トイレなど、

 ひと昔前の換気扇にはなかった機能が付加されるようになりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この機会に法改正前に建築され、24時間換気システム設備が備わっていないけど、どうにかしたい、どうすれば良いかな…とのお悩みは、弊社にて解決できます!

 

~様々な商品からお客様に適した機能をご提案させて頂けますので、ぜひともご相談ください。~

 

事業主・管理責任者さまへ。オフィスや店舗、商業施設での換気について

多くの人が利用するオフィスや店舗、商業施設では、

空調や換気設備で「空気の温度、湿度、気流、清浄」などを均一に保っていると思いますが

多くの人が利用し、集まる場所として、換気量はどうなのかな?クラスターを防ぐにはどうしたら良いか、設置してある換気設備の見直しが必要。かもしれません。

 

現在、ご使用の換気設備タイプや性能、換気口の位置や数、どんな風に換気されているのか?など…

今一度、よく確認されてみてはいかがでしょうか?

■設置してある換気設備はどんなタイプですか?

■換気設備の設置時期はいつ頃でしたか?

■換気ダクト、フィルター、換気口などに汚れやホコリが溜まって目詰まりしていませんか?

■フィルター、換気口の劣化は気になりませんか?交換の必要はありませんか?

■換気口、ダクトの位置はそのままで大丈夫ですか?

■設置している換気設備で、換気量がどの程度あるかを確認してみませんか?

■設置している換気設備で、一人当たりの必要な換気量が確保できる利用者数の上限はどれくらいなのか?

 

◎専門業者でなければ、なかなか良く分からない事が多いと思いますので

 現在の設置状況、換気量、換気設備の劣化程度、換気口の点検など…弊社にてご対応が可能です。

 調査・確認・修理・交換をご検討の際は、弊社へご連絡・ご相談ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まとめ

政府の新型コロナウイルス専門家が提案する「新しい生活様式」でも、こまめな換気が挙げられています。

在宅ワーク、学校の休校などで家庭での家庭内感染、オフィスや店舗、商業施設などでの集団感染などを防ぐためにも空気の入れ替えである換気はとても重要です。

 

家庭や店舗、オフィス等でできる窓の開放や空気の通り道・空気の流れを作って正しい換気を理解したり、

既に設置してある24時間換気システム設備の場所・位置を見直してみたり、換気口やフィルターの点検をしてみましょう!

 

しかし、正しい換気には、窓やドア、換気扇や設置してある換気システムや換気口に不具合があっては

何もなりません。

窓の増設や窓、ドア、網戸などの破損・がたつき、換気扇の交換、換気扇の無いトイレに新しく設置するなど、この機会にぜひご検討してみてはいかがですか?

 

24時間換気システムの後付けはもちろん!

換気設備の新しいものへ交換・購入をご検討されている方!!

ぜひ、最新のキッチンレンジフードや浴室乾燥暖房機、トイレの常時換気扇など…

建築基準法で常時換気を行う設備として使用できるものにお取替えをする事がおすすめです。

 

政府より給付される特別定額給付金(新型コロナウイルス感染症緊急経済対策関連)ですが

生活の為に、どんな風に役立てれば有意義な使い方が出来るだろう…と考えてしまいますよね…

 

お客様のどういう点に困っているのか、どのような改善をしていったら良いかなど

お悩み、ご相談を一緒に解決していきましょう!親身になって、ご提案させて頂きます。

メール・お電話どちらでも結構ですので、ご連絡をお待ちしております。

 

建物のお困りごとは、ぜひ弊社・五稜建設株式会社まで。

https://www.goryou.co.jp

このページのトップに戻る